DHCPサーバのインストール

DHCPサーバーの要件
    DHCPサーバーは、静的なIPアドレス、サブネットマスク、 デェフォルトゲートウェイ、およびその他のTCP/IPパラメータで 構成されていなくてはなりません。(DHCPクライアントであってはなりません。)
DHCPリレーエージェントの構成
    RFCに準拠しているルーターは、DHCPサーバーからのIPアドレス振り分けに対応し、 DHCPサーバーのいないサブネットのホストは、DHCPクライアントになることが可能。
    RFCに準拠していないルーター越えが必要なとき、 DHCPリレーエージェントを介してサブネットのホストはDHCPクライアントになる。
    DHCPリースの4つのステップ
    DHCPサーバがリースの更新を試みるのは、リース期間の50%が経過した時点で、同じアドレスの更新を試みる
    DHCPサーバの用件
    DHCPクライアントがリースを受け取るためには、DHCPサーバー上で、
    インターネットワーク上に複数のDHCPサーバを持たなければならないのは、
    DHCPサーバーが互いのバックアップとなるようにするには、
    クライアントのためにIPアドレスを予約する必要があるのは、
次は、NetBIOS
Copyright (C) 1997 by Yasumaro.
All rights reserved.

最終更新日1997年12月31日